お焚き上げ供養とは

「お焚き上げ」とは、魂が宿っているように思えて粗末に扱うことができない品物を寺院や神社などで僧侶や神主がご供養し焼却することです。
対象になるものは、主にお仏壇、お位牌、神棚、お守りのほか写真、人形、手紙、衣服などです。

お焚き上げ供養の必要性

廃棄する際には、きちんと魂抜きやお祓いをして、感謝の気持ちを示すことで気持ちは清らかになり心の安定が得られその後の人生に前向きに臨むことができます。
したがって、お仏壇や神棚も、しっかりとお焚き上げをすることをお勧めいたします。

ご遺品だからこその供養があります

故人が生前想い入れをもって使用していた遺品の数々をそのまま不用品として処分するのはあまりにも忍びないものです。そこで新誠美創は、遺品のお焚き上げ供養をご提案しております。
遺品整理はただ分別するだけではありません。最後まで故人への心遣いをしてこそ本当の遺品整理と考えております。

葬儀の手配も承ります

新誠美創では、葬儀社とも提携しておりますので遺品整理だけでなく葬儀の手配からご相談承ります。
小規模な家族葬から斎場手配、病院・施設のお迎え等、全国市民葬祭協会認定の葬儀の専門スタッフが専属で最後まで対応致しますので、お困りの場合など是非ご相談ください。

葬儀の手配をお願いするメリット

ご家族がお亡くなりになった場合、まずはじめに考える事が葬儀についてです。
しかし、予め故人が生前に葬儀社を手配しておりそれをご遺族が遺言等によりきちんと把握されているというケースは、残念ながら少ないのが現状です。

多くのご遺族の方は、どこになにをどのように手配すればよいのだろうと慌ててしまいます。
なぜなら、葬儀というものは日常あまり経験がないからです。

新誠美創では、提携の葬儀社がおりますので万が一お亡くなりになってしまって葬儀の手配をどうしようと迷われた時でも、葬儀の手配のみでも対応致しますので遠慮なくご相談ください。