特殊清掃、消臭作業とは

特殊清掃とは、孤独死、孤立死、事件、事故、自殺、ヒートショック等の現場で遺体の痕跡を取り除き、原状回復する清掃作業のことです。

このような現場では、遺体発見が遅れがちで、時間が経過すると血液や体液、汚物などによる悪臭が発生してしまい、通常の清掃ではその臭いは取り除けないため特殊清掃が必要となります。
また、消臭作業には現場の状況に応じて特殊な機材や薬剤を用いた消臭作業も必要となってきます。

通常の清掃では現状復帰が難しい現場でも、新誠美創では専門の業者と提携しておりますので、お気軽にご相談下さい。

特殊清掃と消臭作業の必要性

亡くなられたお住まいを撤去もしくは明け渡さなければならないなど次に住む方が決まっている場合やそのまま放置しておくと隣人やご近所の方からの臭いによる苦情が発生したりと数々の問題点が発生してきます。
そうしたトラブルを防ぐためにも特殊清掃と消臭作業は行っておくことをお勧めいたします。

特殊清掃、消臭作業とは

新誠美創では、プロの特殊清掃士の資格を保有した清掃のプロフェッショナルが対応致します。どんな臭いや汚れも確実に除去し快適な住まいに戻します。

こんなケースもお任せください

  • 発見が遅れてしまい、掃除をしてもきれいにならない。
  • 窓を開けるなど換気をして掃除をしたが臭いが全くとれない。
  • 隣人や近所から臭いがすると苦情が入ってしまい困っている。